に投稿

西尾勇輝 オーバーウォッチ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント External Development Studio Europe エグゼクティブ・プロデューサー. Share this on Facebook (opens in a new window), Share this on Line (opens in a new window), Share this on Twitter (opens in a new window), ソニー・インタラクティブエンタテインメント コンテンツコミュニケーション シニアディレクター, ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント(プラットフォームプランニング&マネジメント統括責任者), ソニー・インタラクティブエンタテインメント バイスプレジデント(グローバルコンシューマーエクスペリエンス), ソニー・インタラクティブエンタテインメント シニアバイスプレジデント(グローバルパブリッシャー/デベロッパーリレイションズ), ソニー・インタラクティブエンタテインメント External Development Studio Europe エグゼクティブ・プロデューサー, 2020年9月のPS Store ダウンロードランキング! PS4®ダウンロード数第1位は『ウイイレ2021』!, 『ウォッチドッグス レギオン』──近未来ロンドンで、正義のハッカー集団を組織せよ【特集第1回/電撃PS】, 「センター(中心)」をテーマにお気に入りのゲームをキャプチャした、世界中からの投稿を厳選して紹介!【Share of the Week】, PS4®システムソフトウェア「バージョン8.00」を本日より配信! パーティーとメッセージ機能の変更や、新しいアバターが追加!, PlayStation®5の新しい体験で楽しむ人気のエンタテインメント・ストリーミングアプリを紹介!, 『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」のオンラインマルチプレイでさらに広がった世界をレポート!, PS5™パッケージ版『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』発売日が11月12日に決定!, 『Destruction AllStars』2021年2月にPlayStation®Plusに登場. SIEA コンテンツコミュニケーションスペシャリスト, Sid Shuman SIEA コンテンツコミュニケーションスペシャリスト, Sid Shuman Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries.本放送は権利者のプロモーション活動として運営しております。他番組等に関し、「スタジオえどふみ」及び「NGC」は一切の関与はございません。, ゲーム専門の映像制作会社『スタジオNGC』が管理運営しています。 ダウンロード版 販売価格 8,424円(税込) JavaScriptが有効ではありません。ブラウザの設定から、JavaScriptを有効にしてください。, お使いのブラウザはサポートされていないため、正しく動作しない可能性があります。ヘルプから推奨環境をご確認のうえ、サポートされた環境でご利用下さい。, スクウェア・エニックス プレゼンツ声優「後藤ヒロキ」&声優「望月英」&ローカライズディレクター「西尾勇輝」による生放送!22時から約1時間、スクウェア・エニックス『オーバーウォッチ』をプレイします!※21時30分から開場しますが、開演は22時からとなります。ご注意ください。【タイトル】オーバーウォッチ【対応機種】PlayStation®4【ジャンル】アクションシューティング【発売日】2016年5月24日【対応人数】オンライン時 1 - 12人対戦(6対6)【価格】7,800円(+税)【CERO】C(15歳以上対象)【公式サイト】http://www.jp.square-enix.com/overwatch/※本タイトルはCERO「C」の為、15歳以上を対象とする表現内容が含まれています。© 2017 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. スクウェア・エニックス プレゼンツ 声優「後藤ヒロキ」&声優「望月英」&ローカライズディレクター「西尾勇輝」 による生放送! 22時から約1時間、 スクウェア・エニックス 『オーバーウォッチ』 をプレイします! ※21時30分から開場しますが、開演は22時からとなります。 ソニー・インタラクティブエンタテインメント コンテンツコミュニケーション シニアディレクター, 西野秀明 ・ジャンル:アクションシューティング 赤石沢 賢(あかいしざわ・さとし)氏, スクウェア・エニックス 西尾勇輝(にしお・ゆうき)氏, ローカライズスタッフの両名は、ちょうど1年ほど前にBlizzardの本社で『オーバーウォッチ』を初めて体験したという。Blizzardのデバッグチームとガチの試合を行ない、案の定コテンパンにやられてしまったそうだが、あまりの面白さに大興奮! 帰国後は、ぜひスクウェア・エニックスでローカライズをやらせてほしいと、社内で猛烈なアピールを行なうほど、本作に惚れ込んでしまったそうだ。, ホスト陣の自己紹介と挨拶に続き、新世代のチーム対戦型アクションシューティングと呼ばれる『オーバーウォッチ』がどんなゲームなのか、プレゼンテーションが行なわれた。, まずは、本作がヒーローによる「ロールプレイ」と「チームプレイ」がカギとなる、チーム対戦型アクションシューティングであることをあらためて紹介。ヒーローたちは出自や性格、得意とする武器などがさまざまに異なるほか、4つの「ロール」のいずれかに区分される。, 敵を倒す「オフェンス」、敵から拠点を守る「ディフェンス」、壁となって前線を押し上げる「タンク」、仲間を支援する「サポート」といったロールがあり、これらの役割に活かせる多彩なアビリティを所持。試合中にやられてしまった場合は、リスポーンのタイミングでヒーローを切り替えることも可能! 状況に応じて自チームに足りないロールのヒーローにチェンジすれば、戦況を変えることもできるそうだ。, ロールに応じたチームプレイについてレクチャーする両名の言葉を、これから体験プレイに臨む参加者たちは興味深く聞き入っていた。, 続いては、本作独自のゲームルールについて解説が行なわれた。『オーバーウォッチ』では、さまざまな目的の遂行が勝利につながる「オブジェクティブルール」を、基本的に全てのルールに対して採用。攻撃チームがペイロードと呼ばれる車両を目的地まで運び、防御チームがそれを阻止する「エスコート」をはじめ、指定された拠点の制圧を巡って争う「アサルト」、1つの拠点を巡って両チームが争う「コントロール」、そして「エスコート」と「アサルト」を合わせたハイブリッド型のルールが存在する。, また、本作ではFPSとしては珍しく、マップによってゲームルールが固定されている。”このマップで遊べるのはこのルール”と決まっているため、それぞれのマップが対応ルールに特化した、こだわりの戦場となっているそうだ。, プレゼンテーションが終わったところで、お待ちかねの最速体験プレイへ。せっかくの機会なので、気軽な体験プレイだけでなく真剣勝負も見てみたいということで、体験プレイ後に急遽エキシビジョンマッチの開催が決定! この粋な申し出は、参加者たちも望むところ。最速体験とともに、エキシビジョンマッチに向けた特訓へ向かうこととなった。, 本イベントでは、参加者たちがあらかじめ2つのグループに分けられており、まずは前半組のグループがゲームプレイを体験。そのあいだ、後半組のグループは赤石沢氏と西尾氏による解説つきで体験プレイの様子を観戦し、40分間の体験後にそれぞれが入れ替わるという流れだ。, プレイエリアに移った参加者たちは、思い思いのヒーローを選んで戦場へと向かう。21人ものヒーローから1人を選ぶのはかなり悩みそうだが、試合中のリスポーン時、自由に変更できることで、実際に操作しながら特徴をつかむほうが早いのかもしれない。FPSに慣れた参加者が多いのか、開始からしばらくすると操作方法を手の内に入れ、小気味のいい軽快なアクションを満喫。とくに、固有の超必殺技と言うべきアルティメット・アビリティの効果と使いどころのチェックにも余念がないようだ。, 最初は自分の操作に集中していた参加者たちだったが、やがて少しずつロールに応じたチームプレイの動きが見え始める。前線の味方にシールドを張ってあげたり、そのサポートを信じて突撃したりと、チームとしての連携がアップ。初対面の参加者同士が連携を強めていく楽しさは、チームプレイを重視する『オーバーウォッチ』の醍醐味そのものだろう。, 実際に体験した参加者からも、キャラクターの多様性やチームプレイに対する感想が多く聞かれたので、以下にいくつか紹介しよう。, 「キャラクターごとに特徴的な武器があって、いろいろ試せて楽しかったです。ショットガンを両手に持つリーパーを使っていましたが、アルティメット・アビリティで範囲攻撃もできて気持ちいいですね」(20代男性), 「もともとFPSが得意ではなくて、最初はオフェンスのキャラクターをうまく使えませんでした。でも、サポートとしてタレットを設置することでもチームの力になれるので、楽しかったです」(10代男性), 「西尾さんがディレクターだった『ライフ イズ ストレンジ』が好きで、またディレクターをするという『オーバーウォッチ』に注目していました。ロールはひととおり試してみて、どの役割でも貢献度がわかるのはうれしいです」(30代女性), 一方、後半組が待機するステージエリアでは、体験プレイの様子をモニター越しに観戦中。赤石沢氏と西尾氏が「うまい!」と唸る攻撃や連携には詳しい解説がつき、参加者たちは自分がプレイするときの参考にしようと真剣に聞き入っていた。, その後は、前半組に替わって後半組がプレイエリアに。参加者それぞれが40分間たっぷりとプレイしたところで、最速体験プレイは終了となった。次はいよいよ、ガチンコ勝負のエキシビジョンマッチ!, 全員がステージエリアに戻ったところで、体験プレイの模様を振り返った西尾氏は「すぐにアビリティを使いこなしたり、戦略的に重要なチョークポイントを押さえたり、本当に初プレイ? と疑ってしまうほど上手でした」とコメント。赤石沢氏も「初プレイで試合が成立するか心配もありましたが、そんな必要はありませんでしたね」と参加者の腕前に驚きつつも、楽しく遊んでいた反応にひと安心といった様子だった。, 続いて、さきほど決定したエキシビジョンマッチを開催! 体験プレイを行なった前半組と後半組から6名ずつが選出され、グループの代表として対戦することになった。勝利チームのメンバー6名には、全ヒーローのアイコンがあしらわれた『オーバーウォッチ』Tシャツが贈呈されることも明かされ、賞品をかけたガチンコ勝負の雰囲気がさらに強くなった。, 各グループともに出場を希望する参加者が多かったため、赤石沢氏と西尾氏が6名ずつを選出。ここに赤石沢氏がリーダーの「Team RED」と、西尾氏がリーダーの「Team WEST」が結成された。赤石沢氏が「やるからには勝つ!」と鼓舞すれば、西尾氏は「ここで勝ったら昇給してもらいます。ぶっ倒してやりましょう!

羽田空港 展望デッキ 閉鎖, 総まとめ N3 漢字 Pdf, アメリカ の紋章 鷲, クーピー 塗り方 人物, 車 燃費向上 添加剤, 天国に いちばん 近い 男 2, 黒い砂漠 衣装 変更 できない, ミニキャブ セルモーター交換 工賃, ドラム式洗濯機 乾燥フィルター 奥, 新完全マスター N1 読解 Pdf, 新幹線 回数券 買取 1 枚 大阪, Iphone ショートカット ツイートできない, 買わない生活 ミニマ リスト, 東京杯 2020 予想オッズ, 渡 月 橋 天龍寺 竹林の道, 松本駅 忘れ物 電話, マクドナルド 株主優待 トッピング, ドラム式洗濯機 乾燥フィルター 奥, カーボ ローディング 量, 新幹線 喫煙 付近, 東芝 オーブンレンジ Er-td80, 阪急 十 三 駅 電話番号, セリア スマホケース アレンジ, 新学習指導要領 英語 単語数, 刺身の うまい スーパー, 大森駅 バス 平和島, シン ウンジョン 出産, インスタライブ 配信 機材, 大分 大阪 新幹線 最終,