に投稿

19世紀 イギリス 家庭の天使

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0, ank0314 さん、こんばんわ。 イギリス女性に関する小説はまだ読んだことがありませんが、最近私の下記質問で聞いたイギリス女性の実態につき是非確かめてみたく、是非近々読んでみたいと思います。 子供に対する価値観は、決して普遍的なものではなく、その時代背景や国の事情によって大きく異なり、流動的に変化してきたのです。そのような時代的背景を経て確立された、現在のイギリスの少年法と、日本の少年法にも違いが見られます。 stream ・18世紀頃と現代のイギリス文学で、当時の女性が描かれている作品(ジェーン・オースティンのエマ等)のお薦め作品 ・現代のイギリス、日本の女性について比較 予備知識が欲しいのですが、どなたか教えていただけないでしょうか??, 日経新聞に掲載された杉原薫京大教授の記述を引用するのがてっとりばやいかもしれませんね。 All Rights Reserved. http://esperanzasroom.blogspot.com/2008/02/blog-post_11.html 実際にイギリスでは年少者による凶悪犯罪が日本よりも多く発生していることもあり、これでも甘いので厳罰化するべきだという議論は今もなお絶えません。また、日本では報道の自主的規制により、特別な例を除いて、犯罪を犯した少年の名前や写真が公表されることはありませんが、イギリスでは現在でも特にこうした規制はなく、子どもの名前や写真が大きく新聞に掲載されています。, 多摩キャンパス(学部:法・経済・商・文・総合政策・国際経営、大学院:法学・経済学・商学・文学・総合政策). そもそも19世紀のイギリスでは女性(ヴィクトリア)が女王になってますし、身分が男性に比べて低いということはありません。 上流階級中流階級の女性たちは基本働く必要が無く、家庭の天使として良き妻良き母となることが求められていました。 ちなみにイギリスではすでに16世紀に宗教改革により、イギリス国教会が成立しているのですが、それまではカトリックのような王国内に王国があるという状態でしたね。つまりカトリックも支配階級であるということもお忘れになってはいけません。 ところが、現在、先進国と言われている国々でも、そもそも「子どもは大人や社会が守ってあげるべきもの」という考え方が最初からあったわけではなく、また子どもを見つめる大人が時代や社会と無関係に抱く普遍的な感情とはいえないのです。したがって、こんにちの子どものために社会が用意している、教育の機関や、少年法といった制度、子どもを保護するための様々な営みも、実は新しい時代の産物であるということができます。 18世紀のIndustrial Revolution 期に子供や女性が廉価な労働力として劣悪な都市環境で酷使されたとあります。  さて、最後に、昨年(2007年)、ノーベル文学賞の受賞したドリス・レッシングであるが、彼女の処女作『草は歌っている』 フランス革命後、半世紀にわたって旧体制変革の風が吹き荒れたが、ミルが「自由論」を書いた1850年代の英国は、風も収まり社会も落ち着きをとりもどしていた。いまや問題は、圧制者を倒して自由を獲得することではなくて、ようやく獲得した自由を当然のことと感じ、じぶんの社会的地位はこう、結婚はこうなどと無意識のうちに既成観念に隷従していく傾向にあった。ミルは、そうした社会の停滞を打破する主体を、他人の自由を尊重し、みずからの個性を鍛えることのできる個人に求め、個人の真の多様性のなかに社会の進歩を見ようとした。, 日本とイギリスの女性論についてレポートを書くのですが、今のところ考えているのは http://www.geocities.jp/coutesans/13.html 存在した場合は、どのような理由で、どのような階級の女性が雇用されたか等についてもお教え下さい。, 家庭教師があります。基本的には貴族仲間の紹介でその家に入ることがほとんどです。 読んでいて私自身が非常にワクワクしてしまいました。 詳細は下記のURLを参照してください。 ・日本文学で女性像が描かれている作品(「負け犬の遠吠え」等 に触れると、「女性が小説なり詩なりを書こうとするなら、年に500ポンドの収入とドアに鍵のかかる部屋を持つ必要がある」と有名なことが書かれているが、これは、20世紀女性作家による、一見地味であるが、鮮やかな、女性の知的独立宣言ということができるだろう。物質的な条件を提示することで、女性作家の実効的な自立を説いているのである。思うに、ここにおいて、現代における女神の神話というか、女性の文化が復興したと言えよう。, イギリス文学における女性表現の変化:ヴィクトリア朝から現代まで:女神の神話の視点から | 外国文学(イギリス文学他). また、何か生徒を引き付けられそうな小話や豆知識等がありましたら、教えて頂けませんでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。, 「イギリス マナー」に関するQ&A: 今度旅行でイギリスに行くのですが、電車で行けるマナーハウスがあれば教え, ありがとうございます。 (イギリス文学における女性表現の変化:ヴィクトリア朝から現代まで:19世紀から20世紀まで) 当時、刑罰の対象となる犯罪に手を染めた者は、年齢がどんなに小さくとも、また犯罪に手をそめるに至った環境も特に考慮されることはなく、大人と同じように裁判で裁かれ、かなりの事例において絞首刑となるのでした。年少者を刑事裁判の対象の例外とする、いわゆる少年法が定められるのは、この時代からさらに長い時間を経た1908年のことになります。子どもはこれからの環境次第では更正の可能性を見込めることや、子どもが犯罪を犯すのは判断能力に欠けているためであり、犯罪を防ぐ教育に失敗している社会の責任を問うべきであるといった趣旨から、子どもには刑罰よりも、更正のための教育を与えるべきだという考え方が、長い時間をかけて育っていったのです。, 現在のイギリスの少年法の適用年齢は10歳未満以下であり、改正後も14歳未満と定めている日本とは広い開きがあります。こうしたところにも、伝統的に子どもに対して厳しいまなざしを投げかける西洋の考え方の伝統の一端を垣間見ることができるでしょう。 London Labour and The London Poor, London : Penguin Books, 1985, Sambrook, Pamela.  そして、『眺めのいい部屋』では、女性主人公ルーシーと恋人のジョージが、ちょうど、女神の神話のイシスとオシリスのような関係になるのではないだろうか。父権的道徳の覆いを破って、女神の神話が台頭したように思われる。【p.s. ・18世紀辺りと現代のイギリス文学を読んで、昔と現代の歴史的背景と女性像についての比較 産業革命以前ということですから、フランスと同じような封建時代国家だということでしょうか?イギリスの場合は16世紀に入って中央集権体制になりました。それまではフランスと同じような非中央集権的封建社会でした。 「これをこれからす。」 こうした状況は、19世紀前半を通じて工場法の整備(1802年、1833年)により改善への動きが見られましたが、各家計の収入源となることをためらうために成立が滞り、また実際に法律が定める通りの状況に至るには長い時間がかかりました。, また、大人との明確な線引きがなかった、十九世紀の子どもたちは、喫煙をし、大人と一緒に飲酒もしていました。犯罪者の処刑を大人と一緒に見物していましたし、賭け事も大人同様に行っていました。   ここで、飛躍して、やや唐突であるが、神話学的に見ると、両者は女神の神話(イシス・オシリスの神話)が共通の型ではないかと考えられるのである。私見では、ヴィクトリア朝から20世紀にかけて、女性作家の表現、そして、男性作家による女性表現には、この女神の神話が存在しているのではないかと思われるのである。 イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか? (タイトルが少し過激ですが、私は男女のジェンダーに関しては極めて淡白な人間だと自負しています。), イギリスの階級社会の歴史について研究しています。 19世紀は産業革命が顕著となり、性別役割分担が明確になった。女性は、「家庭の天使」が理想となった。即ち、良妻賢母という理想である。しかし、自立を求める中流の女性は、ガヴァネス(住み込み家庭教師)になるしか、他に職業はなかった。これがよく表現されているのが、シャーロット・ブロンテの『ジェイン・エア』であると言えよう。その作品において、女性主人公の情熱が強く描かれているとは言え(ロマン主義)、この点では、文学・小説は、リアリズム的である。 �._�C�?�Vʮ�J�*~L_?�1c�h��z��%�hY���Wo�%R������~t�kɟjI�y�t*��Q�?����c���������6��t�o�����-���]\>�+�+���;�����L��k����C���-�ric"}��� ��� �ǚ���8��/�]?�����D��r�$=~x�ش�(IŇ��т���(��D���7>1i/\Z����fA?3�g��)���j��kR�bIs8҃`�6F0쇔�? 、E.M.フォースターの『眺めのいい部屋』(1908年), 、ヴァージニア・ウルフの『灯台へ』(1927年) 19~20世紀初頭にかけて、イギリスの上流家庭に住み込みで、例えば詩人、書家等、何か物書きのような女性でもできる仕事はありましたでしょうか。 教える範囲はその家のリクエスト、子供の年齢にもよりますが、英語、ラテン語、フランス語、数学の基礎、文章作法、詩の書きかた、刺繍、テーブル・マナー、社交マナー、音楽の基礎などがあるでしょう。何人か雇う場合もありますし、通いでくる場合もありました。 この名残は現在でも見られるように、イギリスの子どもは、階級が上であるほど寄宿舎学校制度が定着しており、5歳から6歳ほどで親元を離れ、集団生活の中で規律を体得するという教育法が行われています。, また、十九世紀の厳しい学校教育に対して、子どもたちの方も負けてはいませんでした。時には子どもが集団で暴徒化し、教師を襲うということもありました 。教師は反乱の危険に目を光らせながら、軍隊を管轄する上官のように、子どもたちを管理していたのです。, 1870年になり、イギリスは学校教育法において、すべての子どもを対象とした義務教育が法律によって定められました。文明開化を経た日本が、義務教育を目指したのが1872年のことですから、実は時期的に大きく変わるわけではなかったのです。  <私の関連質問> Oxford : Oxford University Press, 2000, Flanders, Judith. 小説家、チャールズ・ディケンズの初期小説である『オリヴァ・トゥイスト』は、1837年に連載が始まると、大ベストセラーになりました。これは子どもを主人公とした、初めての小説であるとも言われています。, (チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens, 1812.2/7~1870.6/9)), 主人公のオリヴァは、孤児として救貧院という施設に入れられます。救貧院とは、当時のみなし児を収容する、教会に属する施設ですが、保護とは名ばかりで、子どもながらに一日じゅう労働を強制されるのです。  ぜひとも授業で使わせて頂きたいと思います(^^), ありがとうございます。 政治的発言権が認められるのは1918年の第4次選挙法改正が初めてで、これはWW1という総力戦を通じた女性の活躍を背景にしています。 14世紀のペスト流行時にヨーロッパ全般で魔女狩りが行われたと、初めての女性の記載が教科書には見られます。キリスト教世界において男性より蔑まれていたと考えてよいのではないでしょうか。  『チャタレイ夫人の恋人』であるが、これは、父権社会に抑圧されていた女性主人公コンスタンスの、性を介しての、個としての覚醒を表現しているが、チャタレイ夫人(コンスタンス)とメラーズ(森番)との関係は、後者をディオニュソスと見ると、女神の神話的と言えよう。だから、チャタレイ夫人はギリシア神話で言うと、アリアドネ(石膏デッサンのアリアス)に相当するのではないだろうか。 ��A�H-M�A!����z����9���5��7T܆�  ここでは簡単に指摘するだけだが、『テス』において、あきらかに、女性主人公であるテスは女神(太母)として、表現されていることが確認できる。喩えれば、ギリシア神話のデーメーテール(大地の女神)に相当すると考えられる。 考えてみればおっしゃる通り、前提がおかしいですね。 | これは当時の、貧しき者も恵まれない立場にある者も、人に頼らず自らの力で働いて生きるべきであるという、1830年代の考え方と、それを反映した救貧法という法律の改革が背景にあり、貧民の自立を促し、甘えは許さないという大義のもとで、子どもたちは、実際には与えられている保護以上の労働を強いられていたのです。, オリヴァの入った救貧院の運営を任されている大人たちは、毎日豪勢な食事をしていますが、子どもたちはおかゆ一杯だけしか与えられず、いつもひもじい思いをしています。子どもたちの間でくじ引きをして、外れを引いたオリヴァは、子どもを代表して、食事の最中に「おかゆをもっとください」と頼みますが 、役人の怒りを買ってしまい、救貧院を追い出され、葬儀屋に労働に出されることになります。, 毎日働かされて意地悪をされ、何もかもいやになったオリヴァは、逃げ出してロンドンに辿り着きます。  ヴィクトリア朝 イギリス に通底する「家庭の天使」、「完全な淑女」といった理念を支え、リスペクタビリティや スノビズム と深く結びついていたため、ヴィクトリア朝を象徴する職業の一つといわれる。 ・回答者さんの意見 一般的に優雅で安泰のイメージが持たれる─『シャーロック・ホームズ』や漫画の『エマ』などがいい例である─ヴィクトリア朝イギリス(19世紀-20世紀初頭)であるが、その実庶民の暮らしは過酷そのものであった。我々はどうしてもメイドや執事、そして貴族などの華やかなイメージを持ってしまうが、その裏腹に食品偽装は横行し、産業革命によって花開いた近代的労働は殺人的領域まで達していた。本稿ではヴィクトリア朝イギリスにおける庶民の暮らしにスポットライトを当て、簡潔に解説していきたい。, 食品を保護する法律などがなかった当時、食品偽装は大変大規模に行われていた。代表的なのがコーヒーや紅茶などであるが、その他の食品の偽装も盛んであり、高い安全な商品を買えない労働者は常に食品から有害物質を摂取する危険性にさらされていた。, コーヒーにおける食品偽装の大半はチコリーによるものであった。我々の身近ではコカ・コーラ社の爽健美茶に含まれている。つまり、コレ自体は有害なものではなかったが、多くの店で「コーヒー」として売られている製品のうち、本物のコーヒー豆は1/2以下であり、また混ぜ者入りの表記はなされていなかった。中には炒った小麦が混入されている場合もあった。, イギリスが誇る紅茶にも不正が行われていた。多くがグラファイト、プルシアンブルー色の顔料、ウコン粉、およびチャイナ粘土であって着色されており、これらは人体に有害なものもあった。「着色に使われる物質はしばしば高度に有毒であって、多くの場合にシナ人が使っているものよりもより反対すべきであるし有害である。」*1また、「紅茶」自体が。お茶の葉からできているのではなく身近で手に入る雑草などの場合さえあった。, 砂糖は多くの製品がダニ、カビの胞子、石、砂で汚染されていた。穀物の粉が混入されている製品もあり、これはかさ増しのためであった。, 大半の野菜が銅で汚染されていた。「(検査した野菜のうち)27標品は多かれ少なかれ銅が沁み込んでいた」*2。加えてこれらの銅汚染は深刻なものもあった。これらの銅は野菜を新鮮で「いい色」にするために使われていた。, 多くの菓子が有害な金属による無機顔料で着色されていた。多く使われていた色は黄色、ピンクと緋色を含む赤、褐色、紫、青色、および緑色であった。加えて、砂糖のかさ増しのために硫酸カルシウムが広く用いられていた。, ビールの不正の多くは水を加える水増しであった。この処理のために風味がビールから損なわれる事となるが、それを隠すために粗悪な砂糖(粗糖)を混入している例が多かった。この処理でビールの度数は約半分となっていた。, タバコの不正はタバコ以外の葉を混ぜることで行われていた。また、嗅ぎたばこの場合は鉛を加えている場合もあった。鉛の混入は非常に悪質かつ広範囲で行われており、鉛中毒を発症する場合さえあった。, 労働者階級は閉鎖的で堅固な社会構造のように見えるものの、独自の排他的な世界を構築していた。これらの試みの意味は一部は、現実世界の過酷さからの脱出であり、一部は工業都市の匿名コミュニティを作り出すものだった。究極的には、教育と民主主義の発展、生活水準の向上、労働条件、住居、食べ物や服装によって、労働者階級は社会の参加者になったが、ほとんどの期間[1820 -1920]彼らは政府が高らかに謳う「公的生活」から除外されていた。, ストリートセラーは路上で何かを売る人たちを指した言葉である。1800年代後半には、おそらく約30,000人のストリートセラーがロンドンにいて、それぞれが手押し車やカートから商品を売っていた。売っているものはカキ、ウナギ、エンドウ豆のスープ、揚げた魚、パイとプリン、ピクルス、ジンジャーブレッド、焼き芋、クランチ、咳止め、アイス、ビール、ココア、ペパーミント水だけでなく、衣類、中古の楽器、本、生きている鳥などでさえあった。破損した金属、ボトル、骨や水切り、壊れたろうそく、シルバースプーンなどの「台所用品」などの廃棄物を購入する業者も存在した。, 「Mudlark」と呼ばれる人たちはテムズ川の汚泥の中から物品を回収し、売る仕事である。金品はもちろんそのまま売ることができたし、他の一見役に立たなそうなものも買い取る専門業者が存在した。より良いものを求めるために深いところまで足を踏み入れ溺死する者もいた。また、テムズ川は大変汚染されており、これも危険な職業であった。, 新救貧法発令から特にそうだが、救貧院は貧困者を収容するいわば「貧困層の収容所」であった。ここでは単純労働を主に収容者に課していたが、それらは花崗石を砕く、糸を紡ぎ続けるなどの「技能もいらない仕事」であって、収容者の自立には繋がらなかった。家族が救貧院に収容された場合、もう一度会う手段はなく、陸の孤島と化していた。職場の食事は、飢えから守るだけの程度のものしか出されなかった。衣服もときどき洗われる程度のものだった。子どもたちは何らかの初頭教育を受ける権利があったが、これはしばしば職場の看守によって無視された。, (「棺のベッド(coffin bed)」で寝る救貧院の収容者たち。キリスト教圏であるイギリスでこのような棺で眠るという行為は、非キリスト教圏の我々が想像する以上に悪い意味があった。), 造船所やロンドンと北東部の新しい港湾では巨大な労働力が必要だったが、需要は予測できなかった。毎朝、数ペンスで1日の作業を行うために集まる男性達が見られた。需要が不規則なため、造船所が注文不足や苦しい天候によってたびたび閉鎖され、慈善団体もなかったため、労働は不規則でこれだけで食べていくのは不可能であった。, 多くの女性が売春をしていたのは驚くべきことではなかった。ロンドンのスラム街の通りには売春婦が住んでいた。売春を行う少女らは性感染症によって早死していった。大きな病院のいくつかは性病治療専門の病棟があったことからその規模が窺い知れる。しかし当時最も恐ろしい性感染症の梅毒の治療法は知られていなかった。W.T.ステッドが13歳の処女を簡単に路上で買えたという報告をしており、売春がいかに低年齢で、広範に行われていたかを物語っている。, ヴィクトリア朝の「一家族」は子沢山であり(その分多くの子供が餓死や病死した。多産多死であったのだ。)、その分「要らない子」も数多く発生した。そんな彼らを「雇用」したのが児童労働であった。Climbing boyと呼ばれた子供の煙突掃除夫は、子供というサイズを活かして煙突に潜り込んだが、煙突から燻る煙で焼死・窒息死することも多くあった。Crossing-sweeperと呼ばれた子供の路上掃除夫は路上に溢れるゴミ、汚物を掃除する仕事であった。子供ゆえの小ささを活かして、鉱山の小さな洞穴でトロッコ引きをする子供らもいた。彼らはこれらの労働で貧しい家計を支えたが、児童故に得られるのは僅かな小銭であり、仕事によっては死亡率が大人の数倍にも登った。, 労働者が雇用を失ったとき、彼らは友好的な社会、労働組合、労働組合、地元の店主、その隣人や友人、牧畜業者、または貧困者の法律に基づく信用組合による補填があり、これは現在「社会保障」と呼ばれている唯一あった 。彼らが老後になったときや虚弱になったときには、先の信用組合は生活費の一部しかカバーしていなかったため、子供の助けがなければ生活していけなかった。政府の社会保障が事実上完全に欠如しているという事実は、今の我々から見たら理解不能であると思われる。, この他にも数多くの労働が存在したが、労働規制などない時代故にどれも過酷な労働であることは変わりなかった。搾取労働も盛んであり、女性を「お針子」として長時間拘束し、たった数ペンスの稼ぎだけで労働させるような「搾取工場(sweatshop)」が存在するなど、労働者の身分はいまと比べて著しく低かった。, ヴィクトリア朝は英国の伝統の食事が破壊された時期であった。農村社会から切り離された労働者達は子供の頃から働き、料理を覚える暇など無く、かつ燃料が高騰していたのもあって凝った調理法はできず、単純な「茹でる」「焼く」程度しかできなかった。調味料の値段も高く、必然的に塩味だけの茹でたじゃがいもだけという料理が横行し、英国伝統の食事は労働者たちからは失われた。, 医療は19世紀に多く邁進したが、その恩恵に預かれるのは医者にかかることができ、その時間も有る中流階級以上のものだった。下流階級では多くの民間医療が残っており、「バターと蜘蛛を一緒に食べる」などの根拠不明な医療が行われていた。衛生状態も悪くジョン・スノウの調査によれば、下水道が流入したテムズ川下流の企業から水を購入した家庭が、下水道が流入してない上流にある会社の水を買う人より14倍も(コレラによる)死亡率が高いなど、汚染は深刻なレベルであり、一般庶民は食生活のみならずあらゆる面で危険に接していた。加えて1875年の公衆衛生法で衛生状態を改善する試みが試されたが、初期の段階で恩恵を受けれたのはやはり中流階級以上であった。, この当時の「医療」による麻薬汚染もひどかったが、それについては下記の記事を参照のこと。, 悪いことばかりを述べてきたヴィクトリア朝であるが、そんななかでも庶民に娯楽は存在した。オルガンライダーと呼ばれた人たちはオルガンによって路上で演奏し、チップを貰っていた。このようなストリート・ミュージシャンは数多くおり、写真も残されている。また、鉄道の発達は庶民でも気軽に遠出ができることを意味しており、比較的裕福な労働者は夏の間海に行って遊ぶなどの行為もできた。, しかし、多くの貧しい子供たちはおもちゃや余暇のためのお金はなかった。彼らは路地を除いて遊ぶ場所はなかったし、仕事をしなければならなかった。だけれども、貧しい子供たちは幾つか楽しいことができた。彼らは見つけられたものは何でも活用し、川で遊んだり、樹木やランプポストに登るなどの「お金の掛からない」遊びをしていたと考えられている。, 本記事ではヴィクトリア朝の庶民の生活を紹介したが、この他にも多く語らなければならないことがある。それらはまた別の記事で紹介したい。メイドや執事のイメージで語られるヴィクトリア朝であるが、このように庶民にとっては非常に厳しい時代でもあった。その辛い暮らしの一部でも紹介できたらならば幸いである。, この時代にもっと興味があるならば、下記に上げたWebサイトは無料で閲覧できるのでおすすめです。, ・BBC - Primary History - Victorian Britain, ・Victorian Occupations: Life and Labor in the Victorian Period, VKsturmさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

成り上がり線 確率, Uqモバイル アプリ 使えない, ノクドゥ伝 キャスト, キャッシュバック 現金以外, 懸賞 当たる 待ち受け, 1海里 何メートル, タイバニ 再放送, ヤマダ電機 階級, 1111 エンジェルナンバー 金運, パーカー 収入, 北島三郎 まつり Mp3, Iphone アクティベート Simフリー, ソファー 木枠 レザー, とぅるんとぅるん 自作自演, 船橋 宝くじ売り場 当たる, 北欧家具 テーブル, ヌメ革 ひび割れ 補修, 宝くじ 西, サイバーパンク2077 ローカライズ, 北島三郎 別荘, スロット まとめアンテナ, ロト6 当選者 いない, 錦織圭 全米オープン 2020, パモウナ 食器棚, Uqモバイル 2年後 機種変更, デヴィ夫人 子供, ジャックニコルソン ジョーカー, よりひと 母, エンボディチェア 座 面, Imessage アクティベート中 時間, ソファーダイニング レイアウト, シバター 香川, ポンチョ 自転車 巻き込み, 大統領の執事の涙 あらすじ, 家具修理 神奈川, ソファ 50万,